『地球の歩き方JAPAN 島旅 小笠原 父島 母島』発売

ダイヤモンド・ビッグ社の島旅シリーズの『地球の歩き方JAPAN 島旅 小笠原 父島 母島』を担当させていただきました。この本は2011年7月に発行された小笠原のガイドブックをベースにした島旅シリーズの原点。何度か改訂を経ていますが、今回の改訂でやや初回の構成に戻している部分も。原点回帰の1冊です。
小笠原は東京・竹芝から船で24時間という海外よりも遠い日本の島。ボニンブルーと呼ばれる透明度抜群の海と、サングラス必携の真っ白な砂浜が広がる島好き垂涎の場所です。繁忙期以外は往復2日を含めて6日間の旅が基本になりますが、おすすめは12日間の2航海プラン。船が出航している間の観光客が少ない2日、島は静か…と思いきや、意外と島の人で居酒屋が賑わっていたり。移住したくなる居心地のよい島です♪
[2020.3]

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です